読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Jouissons de la vie! 思考・行動を楽しむ!

大学生。読書学部。就活ネタが多いです。自分の考え・行動を書きます。参考になったら嬉しいです!

よく言われる人間性の正体と、自分が考える磨き方

お金を稼ぐことって自分のスキルを磨くことじゃない。
それは年収を上げる手段であって、稼ぐことに大きく繋がる訳ではない。
せいぜい稼げても数千万。それも最高峰のスキルを磨いてかつ熾烈な競争を乗り越えた先にあるもの。そんな世界にいき続けられる才能がある人ならばいいけれど、ほとんどの人はそこで戦ったら負け組になる。
 
大きく話がずれるけれど、負け組って言葉すごい嫌い。
人生生きているだけで本当に価値あるもののはずなのに、強者が決めたフィールドで勝てる人だけが喜べてそれ以外の人は無意味な劣等感を味わうことになるのってなんだか不幸。
 
受験勉強も就活もなんで戦いになってしまうのだろうか。
本来なら、内面的な発露から自分がやりたいことの手段として勉強や企業への入社があるべきなのに、一般的にそうならない。みんなが正解と言われるようなものを追い求めて自分にある種の嘘をついて内面の目的にそぐわない努力をしている。
 
一部ではそれではっきりしていなかったことも見つかる人もいるし、就活という制度があるかこそ一般的な人が強制的に自分の進路を本気で考える仕組みになっているのはとてもいいことだと思う。必要なのはその社会の力学にながされるだけではなく、難しくてもそこをチャンスと捉えて自分の内面の声に耳を傾けて真剣に自分の人生について考える機会をもつこと。
 
これってすごく難しい。だってほとんどの人は自分と対面する習慣がないしなかなかそれに向き合う時間を取ることができない。
けれど、今まで会ってきた人の中で自分をもってある種社会的にも個人的にも成功してる人はみんな自分と向き合って内面の感情とか考えを言葉にしている習慣を持っている。
 
だから、人間性を磨くということの第一歩は少しでもまずは自分と向き合って、その言葉にみみを傾けて行く時間を作っていくことだと思う。
 
あと必要なのは、感謝の気持ちを心から生み出せるまで周囲に感謝の気持ちをつづる時間を作ること。今があることって本当に奇跡。お金を払いさえすれば欲しいものが手に入る。無条件でお金があれば交換してもらえることが大半を占めているこの世界に本気で感謝できたら、今を大切に感謝を伝えるために行動をし続けたくなるはずだ。
 
俺はそこまでまだいっていないけれど、得てして本当に資産を作りつつも幸せな人は周囲の関係性に感謝をし、今を楽しく生きることに全力な人たちだなと思った。
 
テーマの通りにいうならば、磨くためにすることとは、
 
1、自分の内面の言葉を書き連ねる自分との対話の時間をつくる
2、周囲の環境への心からの感謝を持てるようになるために、感謝をつづる時間をつくる
 
この2つがとても大切になると思う。
これが習慣化したらあとは自然とマインドも変わって行動も少しずつ、
大きな変化が生み出されてくると思う。
 
自分も覚悟して本気で行動し始めてくるまでとても長い時間がかかった。
けれど、根気よく何ヶ月も続けてくるとそれが心地よくなってくる。
そこからが、人間性を向上させるスタートなんだと思う。
 
みんなが幸せで感謝に溢れた、笑顔の素敵な人たちになっていったら、
日本も世界もより平和で刺激的な日々になると思う。
 
前の記事にも書いたけれど、人の行動原因って不安が大半。
不安を解消するためにやりたくもないことを自分の声を押し殺して続けてしまっている。
そこから抜け出すのってとても難しい。
習慣になっているし、周囲の人も変化しようとすると元に戻れと引き戻してくるかもしれない。
けど、諦めずに動き続けていくしかない。
その変化の先に、絶対に幸せになる生き方があるはずだから。
 
人の人生はとらえかた、認識の違いで多様なものになっている。
どの人も全く同じような考えに至るような人は少ない。
認識を変えよう。
苦しいなら、自分の心に即した安心のする認識を作り出そう。
自分たちなら変えられる。
自分が答えをもっているから。